Posted by on 2018年06月7日 in お稽古日記
平成30年5月 お稽古日記

5月の稽古が終わりました。
新緑は緑陰に変化し、青嵐となって初夏を迎えています。

5月は、荘物や貴人点のような小習事、唐物など四ケ伝のほかに、立礼の稽古を行いました。

淡々斎宗匠ご考案の御園棚を利用して、その作法を学んでみました。現在では、お茶会の薄茶席で使われるこの棚も、改めてその手順を確認してみますと、細かなところが曖昧で、様々なやり方を拝見することも多いようです。もう一度整理して、身に着ける努力を致しました。

6月は単衣の季節。京都はもうすでに大変熱く、30度に達する気候の日もあります。本格的な夏を迎える前に、もう一度頑張って稽古です。そしてその意義を痛感する茶事をやりましょう。稽古がお茶をだめにするような、そんな稽古にならぬよう、本質を見つめて畳に座ります。

平成30年5月31日 畑中香名子