Posted by on 2018年11月25日 in トピックス
鹿児島研修旅行のご報告

今秋は11月17日~19日の日程で鹿児島、指宿研修旅行に行って参りました。

11月17日 Day 1

43名で鹿児島入り。千玄室大宗匠の、鹿児島、沖縄、奄美の和合、そして戦没者慰霊の会に参加。
初日は京セラホテルにて、点心、奄美大島支所主催の薄茶席、大宗匠と同席した鹿児島支部主催の濃茶席、大宗匠のお点前を拝見する式典、そしていつもの様に宗匠一時間ご起立のままのご講演と懇親会。熱き思いが伝わる一時間。身を乗り出して聞き入る四百人近い方々。一期一会の一瞬に感謝。

11月18日 Day2

若輩添乗員は皆んなが動き出す前に始動。鶴嶺神社にて大宗匠による献茶式。その後、たまて箱号にて指宿へ。西郷どん館(隆盛の歴史館)、薩摩伝承館(薩摩焼の歴史館)を見学し、白水館の特別室 離宮に泊。
ミニ茶会で一服、詩吟拝聴、西郷隆盛の曾孫で作陶家の西郷隆文様のご講演、イタリアンでの食事と砂むし温泉…笑み笑み笑みの瞬間の積み重ね。

11月19日 Day3 最終日

素晴らしいバスガイドさんと共に大型バスで移動。

黒薩摩長太郎窯、白薩摩南楓山を見学とお買い物。西郷が湯治した鰻温泉にて、地熱を利用して作ったゆで卵、茹でたサヤインゲン、さつま芋を頂く。
グルグル流し素麺のお昼の後は、傷んだ屋久杉の利用を学び、これまたお買い物。最後は軽羹の明石屋に寄り、お土産を手配して、いざ空港へ。

二泊三日、皆様の心に残る旅となったならば幸いです。地域の風土に触れ、良き食を楽しみ良き湯に入り、少し茶の湯の勉強あり、少し買い物あり、人との交わりに心癒される…いつもそんな旅を目指します。

下見から企画、募集と手配、当日の添乗にも学び多き旅。また来年、皆様と笑顔を共に出来ることを願って…有難うございました。